3級から1級があります

調理器具

各級で異なる知識レベル

フードコーディネーターは、食に関わる活動すべてをプロデュースする専門資格です。ビジネス活動はもちろん、家庭生活においてもその知識を発揮できるゆえ、非常に魅力的なライセンスといえます。フードコーディネーターの資格は、年に1回の頻度で実施される、認定試験に合格すれば取得できます。この試験について知っておくとよい情報は、レベル別に3級から1級に分かれている点です。そして、それぞれの級に応じて、求められるスキルが異なります。まず、3級では、フードコーディネーターとしての入門レベルの知識を問います。受験科目は、「デザイン・アート」、「経済・経営」、「文化」、「芸術」の4科目です。2級の受験資格においては、3級の資格取得が必須です。この級では、食に関する知識のみならず、お客様の意向を反映したプロデュース力が求められます。受験分野は、3つの専門科目に分かれており、その中から1分野を選んで受験します。そのほか、2級資格認定講座を受講後に、講座内容に沿った企画書を提出する必要があります。そして、フードコーディネーターの1級を取得すれば、食のスペシャリストとしての技能を有すると認められます。さらに、1級のライセンスは、フードビジネス業界で働くための第一歩として、必要な個人スキルととらえる現場も多々あります。この試験では、経営やコンサルタント能力のほか、チームを統率するコミュニケーション能力の有無も、合否の大きな判断材料になります。

Copyright© 2018 【食に関する仕事に就こう】フードコーディネーターの魅力を紹介 All Rights Reserved.