調理系の専門学校選び

調理

食卓を美しく演出する仕事

フードコーディネーターは、作った料理を美味しく盛り付けたり、食器や小物などの演出を行う仕事です。レストランや飲食店で働く以外に、テレビや雑誌などで活躍するなど、仕事の幅が広いのが特徴です。フードコーディネーターになるのに、特別な資格は必要ありません。しかし、料理を作る技術がないと現場で、フードコーディネーターとして活躍するのは難しいでしょう。調理系の専門学校で学ぶのが、フードコーディネーターになるための近道です。調理系の専門学校では、料理の基本的なことからキッチングッズの使い方、見栄えの良い盛り付け方などを学ぶことができます。フードコーディネーターは食卓を美しく演出するのが仕事ですから、インテリアなどにも興味があった方が良さそうです。専門学校の中には、卒業後にフードコーディネーターの資格以外に、調理師や栄養士などの資格が取得できるところもあるようです。調理系の専門学校の選び方ですが、レストランや飲食店などへの就職率の高いところが良いでしょう。仕事を紹介してもらえます。その専門学校の卒業生にレストランや飲食店などを経営している人がいれば、より就職しやすくなります。フードコーディネーターのアシスタントとして働くこともでき、有名なプロにつくことができれば、テレビや雑誌などで活躍の場が広がるでしょう。実力があれば、フードコーディネーターとして独立することもできますから、たいへん将来性のある仕事です。

Copyright© 2018 【食に関する仕事に就こう】フードコーディネーターの魅力を紹介 All Rights Reserved.