女性

食のプロを目指す

フードコーディネーターは、食のプロとして飲食店のコンサルタントなどを行なう仕事である。フードコーディネーターになるためには、専門学校に通い学ぶことが最適である。資格試験もあるため、それらを取得しておくとより良い。

詳しく見る

調理

食の楽しみを提案する仕事

フードコーディネーターは食の楽しみを提案する仕事です。特別な資格は必要ないですが、食についての知識やスキルがなくてはこの仕事につくことは事実上不可能です。この仕事につくには調理系専門学校か栄養学課程のある大学や短大で学ぶのがおすすめです。実習があるため学費がやや高額になることから注意が必要です。

詳しく見る

女性

専門家として働ける

フードコーディネーターの資格を取得する事で食に関する様々な場所で専門家として働けるようになります。資格を取得するには試験に合格する事が必須です。全国各地にある料理専門学校でフードコーディネーターの事を学べるので、確実に合格したいという人が多数通っています。

詳しく見る

調理器具

3級から1級があります

フードコーディネーターの資格について知っておくと良い点は、スキル別に3つのレベルに分かれていることです。3級は、フードコーディネーターの入門レベルです。また、3級では、食に関する知識のほか、プロデュース力が問います。そして、1級は、フード業界における専門家としての能力を有すると認定されます。

詳しく見る

調理

調理系の専門学校選び

フードコーディネーターになるには、調理系の専門学校で学ぶのが早道です。そのなかでも、就職率の高い専門学校に入学するのがおすすめです。仕事を紹介してもらえるでしょう。調理系の専門学校の選び方についてご説明します。

詳しく見る

自分の好きなことを仕事に

調理器具

生活に直結する仕事

フードコーディネーターは料理のレシピや献立、食卓のコーディネートなどを総合的に行う食の専門家です。フードコーディネーターと名乗るのに特別な公的資格は必要ありません。学校に通う必要もありません。ですが、民間の団体からでている資格はあり、それを取得することである程度の知識と技術があることをアピールすることはできます。フードコーディネーターの魅力は、自分の好きなことを仕事にできると言うことです。フードコーディネーターになりたいと思う人の多くは食べること、料理を作ることが好きな人です。食べることと料理を作ることは日々の生活に直結することでもあり、毎日家族の食事を作ることがそのまま仕事に生きることも多いです。栄養のことな新たに覚えることも少なくないのですが、好きなことならば苦にならないという人も多いでしょう。また学んだ内容は仕事だけでなく、自分たちの生活にも関係してくることです。そういった意味でも学びがいがありやりがいがある仕事と言えるでしょう。またフードコーディネーターの多くはフリーランスとして働いています。フリーランスということは自分の興味に応じて仕事を探せるということです。働き始めたばかりのときは仕事を選んでいる余裕はないかもしれませんが、だんだんと実績が積まれてくれば自分の興味や趣向に応じて仕事を選ぶこともできるはずです。フードコーディネーターになる人はブログなどで発信している人も多いのでそうしたところで方向性を示すのも一つの手です。

Copyright© 2018 【食に関する仕事に就こう】フードコーディネーターの魅力を紹介 All Rights Reserved.